自動車保険 相場

自動車の任意保険は様々な種類があります。
走る分だけ保険料を支払うタイプ、40代から入れる保険など。
どこがいいのか、どうやって選べばいいのか迷いますね。

 

自動車保険 選び方

 

手厚い補償は欲しいけれど、特約をつけた分だけ当然保険料もあがりますので、最低限どんな保険に入っておけば安心なのか知りたいですよね。

 

自動車に乗るには車検が必要です。車検の際に自賠責保険の保険料を納めますね。
自賠責保険は「被害者への最低限の賠償」を目的とした保険で、死亡させた場合3000万円、傷害の場合120万円などと金額が決まっています。

 

しかしこれでは足りないのが現状です。
これらの金額を超えた場合のためにも、任意保険に加入しなければならないのです。
相手への賠償、相手の車の修理代、自分の怪我の治療費、自分の車の修理代など、とにかく事故をするとお金がかかります。

 

同じ補償内容で一括見積もりすれば、各保険会社の保険料がわかります。

 

 

この中から自分にピッタリの自動車任意保険を見つけましょう!

 

安心して車に乗るためにも、必ず任意保険には入りましょう。

@相手への賠償:対人賠償責任保険は無制限にしておきましょう。

 

A相手の車の修理代:対物賠償責任保険は無制限にしておきましょう。

 

B自分の怪我の治療費:人身傷害補償保険は3000万円程度が一般的です。

 

C自分の車の修理代:車両保険は新車にはつけましょう。

 

任意保険には等級というシステムがあり、スタート時は6等級です。
毎年1等級ずつ上がり最高20等級となります。

 

自動車保険 選ぶ方法

 

しかし保険を使うと等級が3ランク下がり、保険料が上がります。
例えば20万円の中古車を修理するのに5万円かかるので保険を使ったら、翌年5万円以上保険料が上がってしまったなんていうこともあり得ます。
車両保険をつけるかどうかは、車の状態によって決めましょう。
また車両保険を使うかどうかは、翌年の保険料と車の修理代を見てから決めるといいでしょう。

 

他にもつけておきたい特約が「弁護士費用特約」です。
こちらに非がない事故の場合は保険屋は動きようがないので、弁護士にお願いするのが一番です。

 

しっかりとした補償で安心のカーライフを!